1. TOP>
  2. No.4850(2017年4月8日発行)>
  3. 人:井戸田一朗さん(しらかば診療所院長)「性的少数者のためになる仕事がしたい」

【 人 】

掲載:No.4850 2017年4月8日発行

人:井戸田一朗さん(しらかば診療所院長)「性的少数者のためになる仕事がしたい」

  全国屈指の“ゲイタウン”、新宿2丁目からほど近い曙橋に、LGBTを含む性的少数者向けのしらかば診療所がある。院長の井戸田さんもゲイだ。
  開院のきっかけは、性的少数者のために活動する任意団体「同性愛者医療・福祉・教育・カウンセリング専門家会議(AGP)」での電話相談。当事者から相談を受け、受診が必要だと感じても、安心して紹介できる医療機関がなかった。「性的少数者としての患者の悩みに理解が及ばないなど、医療提供側の問題もあるし、セクシュアリティーを知られるのが怖くて受診できないという患者側の問題もあります。そこで、AGPのメンバーで性的少数者にとって抵抗のない医療機関をつくることにしました」。診療所の名前は、明治末から大正時代に人道主義・理想主義を掲げた文芸雑誌「白樺」から付けた。

【全文はPDFをダウンロードの上、ご覧ください】

PDFを購入

定価799円
(本体740円+税)

※会員登録が必要です

タプレット・スマートフォンからはダウンロードできません。 パソコンにてアクセスして頂き、 bookend Desktop へダウンロードをお願い致します。 タブレット・スマートフォンでの閲覧方法は こちら 

関連キーワード

投稿レビュー

レビュー件数:0件

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.