1. TOP>
  2. No.4850(2017年4月8日発行)>
  3. PickUp 医療データ─56.3%

【 ニュース 】

掲載:No.4850 2017年4月8日発行

PickUp 医療データ─56.3%

厚生労働省は3 月16 日、2016 年の「食中毒発生状況」を公表した。発生状況は、事件数1140件(対前年比62件減)、患者数2万253人(同2465人減)、死亡者数14人(同8人増)となった。病因物質別の患者数を見ると、ノロウイルスが56.3%と半数以上を占めている。一方、病因物質別の事件数ではカンピロバクターとの差が僅かであることから、ノロウイルスの感染力の強さが際立っている。
厚労省はノロウイルス対策として「大量調理施設衛生管理マニュアル」を改正する予定だが、食中毒に関する有識者会議では感染症に指定し、抜本的対応を求める声が一部で上がっている。

【全文はPDFをダウンロードの上、ご覧ください】

PDFを購入

定価799円
(本体740円+税)

※会員登録が必要です

タプレット・スマートフォンからはダウンロードできません。 パソコンにてアクセスして頂き、 bookend Desktop へダウンロードをお願い致します。 タブレット・スマートフォンでの閲覧方法は こちら 

関連キーワード

投稿レビュー

レビュー件数:0件

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.