1. TOP>
  2. No.4850(2017年4月8日発行)>
  3. 尼崎発 長尾和宏の町医者で行こう!!

【 OPINION 】

掲載:No.4850 2017年4月8日発行

尼崎発 長尾和宏の町医者で行こう!!

長尾クリニック院長  長尾和宏

第12回ユネスコ生命倫理世界会議


  去る3月21~23日、第12回ユネスコ生命倫理世界会議に参加した。昨年10月、ユネスコ生命倫理学講座日本支部が開催した「世界生命倫理デー」記念セレモニーで講演させていただいたご縁である。5年ぶりに欧州の旅をさせていただいた。キプロスはトルコの南、レバノンの西に位置する四国の半分くらいの面積の島だ。会議には世界各国から約500名の生命倫理関係者が集まり、生命倫理だけでなく医療倫理や関連法などについて3日間にわたり熱い議論が交わされた。日本からは数名の参加であったが、同じアジアからは中国や台湾、インドからの参加が目立った。そして一度アジアで支部会をやろうか、と盛り上がった。
 会議では、生命倫理に関する医学教育のあり方が大きな話題となった。そういえば先日、ある研究会で「ヒポクラテスの誓いを知っているか?」という質問に手を挙げた医師は半分しかいなかった。私自身は医学部1年生の時にちょっと怖そうな風貌の哲学の先生に教えていただいた記憶が今でも残っている。しかしそれを知らずに指導的立場にいる医師が少なくないことに愕然とした。

【全文はPDFをダウンロードの上、ご覧ください】

PDFを購入

定価799円
(本体740円+税)

※会員登録が必要です

タプレット・スマートフォンからはダウンロードできません。 パソコンにてアクセスして頂き、 bookend Desktop へダウンロードをお願い致します。 タブレット・スマートフォンでの閲覧方法は こちら 

関連キーワード

投稿レビュー

レビュー件数:0件

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.