1. TOP>
  2. No.4850(2017年4月8日発行)>
  3. TAVIの有用性と課題:TAVIとは何か?

【 特集 】

掲載:No.4850 2017年4月8日発行

TAVIの有用性と課題:TAVIとは何か?

慶應義塾大学病院循環器内科  柳澤 亮
慶應義塾大学病院循環器内科講師  林田健太郎

(Point)
▼重症大動脈弁狭窄症(AS)は,高齢化社会を背景に近年急速に増加してきており,放置すると命に関わる心臓弁膜症である
▼TAVIは従来,外科手術不適応または高リスク患者を対象としたカテーテル治療であったが,FDAは近年の良好な成績を受け,中等度リスクへの適応拡大を承認した
▼PARTNER 2 trialでは,中等度リスク患者におけるSAPIEN XT(R)とSAPIEN 3(R)の安全性と有効性が検証された
▼経大腿アプローチのTAVIは,外科手術と比べ有意に全死亡または重症脳卒中を減少させた。SAPIEN 3(R)を用いたTAVIでは術後1年死亡率,脳卒中発症率および中~重度大動脈弁逆流の主要複合エンドポイントで,外科手術よりも臨床的に有意な改善が実証された


1. 大動脈弁狭窄症とは

  高齢化社会を背景に,近年,大動脈弁狭窄症(aortic stenosis:AS)の患者が増加している。ASには大きく3つの原因がある。加齢変性,リウマチ性,先天的要素である。
 リウマチ熱の後に長い年月を経て起こるリウマチ性ASは,以前よくみられたが,現在症例数は激減し,加齢変性によるASが大部分を占めている。加齢とともに弁の石灰化を中心とした変性が進行し,開放制限による狭窄が生じるというメカニズムである。
 高齢化の進むわが国において,重症ASの平均年齢は78.4歳で,85歳以上では10%に認められたと報告されている1)。問題は,長期にわたり無症状のまま狭窄が進行し,症状が出現して初めてASが発見されるケースが多いことである。症状が出現した後の予後はきわめて悪く,一般的には,心不全が発現してからの生命予後は2年と言われている2)。
 根治治療は,外科的な大動脈弁置換術(surgical aortic valve replacement:SAVR)がゴールドスタンダードであるが,年齢や合併症などを理由に外科手術の適応外となる患者が全体の約1/3を占める。

【全文はPDFをダウンロードの上、ご覧ください】

PDFを購入

定価799円
(本体740円+税)

※会員登録が必要です

タプレット・スマートフォンからはダウンロードできません。 パソコンにてアクセスして頂き、 bookend Desktop へダウンロードをお願い致します。 タブレット・スマートフォンでの閲覧方法は こちら 

関連キーワード

投稿レビュー

レビュー件数:0件

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.