1. TOP>
  2. No.4850(2017年4月8日発行)>
  3. 群星光芒

【 連載小説 】

掲載:No.4850 2017年4月8日発行

群星光芒

作家・医師  篠田達明

  山内容堂知学事の口調は居丈高だった。
   「イギリス公使館付きのウィリアム・ウィリス医師は、戊辰戦争で多くの負傷兵に最新の外科治療を施して絶大な功績をあげた。薩摩藩の高官、西郷従道殿は左の項に貫通銃創をうけたが、ウィリス医師の治療で九死に一生を得た」
   そういう容堂の口許から酒の匂いが漂い、手指にはこまかな震えがみられた。
   ――容堂侯はかなり酒毒が進んでいる……。
と相良知安は判じた。
   「そもそも薩摩藩はイギリスと親密な関係にあり、太政官の各位もイギリス医学を日本医学の手本にしたいと望んでおる」
   容堂はやや巻き舌でいった。
   「イギリス公使ハリー・パークス閣下もウィリス医師を強力に後押ししておられる。その方どもも役目柄、イギリス医学採用に十分な力添えをいたせ」
   頭ごなしの申し付けにひるむことなく知安は反論した。
   「知学事には拙者どもを学校権判事に任命なさいました。そのお役目とは内外の医療事情を調査して今後の医事行政の基本方針を作成することにあります」

【全文はPDFをダウンロードの上、ご覧ください】

PDFを購入

定価799円
(本体740円+税)

※会員登録が必要です

タプレット・スマートフォンからはダウンロードできません。 パソコンにてアクセスして頂き、 bookend Desktop へダウンロードをお願い致します。 タブレット・スマートフォンでの閲覧方法は こちら 

関連キーワード

投稿レビュー

レビュー件数:0件

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.