1. TOP>
  2. No.4737(2015年2月7日発行)

バックナンバーNo.4737

4737cover.jpg

週刊日本医事新報
No.4737 2015年 2月 7日発行
毎週土曜日発行
B5判、約100頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

キーフレーズで読み解く外来診断学 (95) 口渇,悪心を主訴に受診した60 歳女性(生坂政臣ほか)

プラタナス

水俣病と医学者の役割(花田昌宣)

ニュース

振り返り1week (2015.1.29-2.4)

[新オレンジプラン] 政府が認知症国家戦略を決定 - 2025年の認知症患者は700万人に増加

医療界「病院経営への介入」に懸念 / 週1回投与のDPP-4阻害薬承認へ

news topics-「選定療養の拡充」で国民からも提案募集へ - 中医協総会/医科の取消37件、半数以上がコンタクトレンズ診療所/学会を社員として認定する方針 - 日本専門医機構/サリドマイドの管理、医療機関が遵守状況を直接確認

<新薬開発・販売FRONTLINE> ・武田薬品工業/大塚製薬 … 新規作用機序の酸関連疾患治療剤「タケキャブ」の承認取得 ・持田製薬 … 抗うつ剤「レクサプロ」、シェアNo.1 目指す

感染症発生動向調査 2014年第第3週 (1月12日~18日)

information

OPINION

Kyoto Heart Studyサブ解析論文の問題点を指摘したJ-CLEAR通信へのコメント(由井芳樹)

尼崎発 長尾和宏の町医者で行こう!! (46) 大災害で医療はどう変わるか(長尾和宏)

お茶の水だより

資産に応じた負担で介護職員の処遇改善を

山科 章さん (東京医科大学循環器内科教授) 「集中治療も治すだけでなく終末期を考える時代」

学術・論文

<学術特集> 糖尿病合併症の早期先制治療: 冠動脈疾患の早期先制治療(横井宏佳)

<学術特集> 糖尿病合併症の早期先制治療: 腎不全の早期先制治療(古家大祐)

<学術特集> 糖尿病合併症の早期先制治療: 認知症の早期先制治療(荒木 厚)

学術・連載

[集中連載] 認知症患者とのコミュニケーション技法 (1) 診察場面における基本的態度(梁 勝則)

J-CLEAR通信 (49) 臨床研究不正の再発防止に向けて(桑島 巖)

一週一話

小児科領域の性感染症(堀越裕歩)

差分解説

内科: 糖尿病・代謝内分泌 - 糖尿病合併症予防に制御性T細胞が与えるインパクト(濵口真英)

内科: 血液 - 特発性血小板減少性紫斑病とリツキシマブ(田岡和城)

内科: 感染症 - エボラ出血熱(藤田次郎)

外科: 消化管 - 食道癌のsentinel node navigation surgery(夏越祥次)

小児外科 - 先天性胆道拡張症(工藤博典)

形成外科 - 乳癌術後の乳房再建(井上義一)

耳鼻咽喉科 - 末梢性顔面神経麻痺の治療: 最近の動向(古田 康)

質疑応答

内科: 循環器 - ABPM・家庭血圧測定における血圧変動の評価  [Pro/Pro](岩嶋義雄→苅尾七臣)(苅尾七臣)

内科: 呼吸器 - 関節リウマチ患者の非結核性抗酸菌感染と生物学的製剤の使用  [Pro/Pro](南木敏宏→宮崎泰成)(宮崎泰成)

小児科 - 乳幼児反復性喘鳴(乳児喘息)へのエンドタイプを用いた早期介入  [Pro/Pro](吉原重美→井上祐三朗)(井上祐三朗)

産科 - 弛緩出血の止血法  [Pro/Pro](橋井康二→近藤英治)(近藤英治)

内科: 循環器 - 心房粗動のcommon typeとuncommon typeの違い  [臨床一般](小林建三郎)

内科: 糖尿病・代謝内分泌 - ウェルナー症候群の鑑別法とわが国での発症の地域差  [臨床一般](横手幸太郎)

内科: 感染症 - 破傷風ワクチンの副反応  [臨床一般](宮津光伸)

内科: 老年科 - 生活習慣病と寝たきり期間の関係  [臨床一般](足立 祥)

病院管理 - 超音波検査士の患者説明に関する教育や倫理規定  [法律・雑件](高橋秀一)

連載小説

連載小説「群星光芒」 (152) 土生玄碩 (13)(篠田達明)

エッセイ

大腸内視鏡検査体験記(井奈波良一)

未年生まれ(岡林弘毅)

首都ドーナツ圏の医療を担当して(金澤 實)

なかのとおるのええ加減でいきまっせ! (35)  永遠の迷宮 - 私にとってのSTAP 細胞 (1)(仲野 徹)

私の一曲・私の一冊

私の1曲  辻仁成作詞・作曲 「ZOO」 … 人生に疲れたときに聴く曲(和田康夫)

漫画「がんばれ!猫山先生」

漫画「がんばれ!猫山先生」 第441回(茨木 保)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.