1. TOP>
  2. No.4377(2008年3月15日発行)

バックナンバーNo.4377

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4377 2008年 3月 15日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

顔面・頸部の再建(光嶋 勲)

造影MDCTおよびFDG-PETによる食道癌病期診断(岡住慎一)

プラタナス

連携なくして医療なし!(武藤正樹)

ニュース

生殖補助医療法で代理懐胎を禁止、営利目的の施行医は処罰─日本学術会議が最終報告書案

【詳報】4月点数改定・取り扱いのポイント

死因究明制度「一刻も早く法制化すべき」─木下日医常任理事が見解

治療中の患者に保健指導を実施、比較試験で効果を検証(国保特定健診・保健指導検討会)

「特定健診・保健指導は壮大な実験」─循環器の専門家が議論(日本心臓財団)

ヘパリン17品目が自主回収─米国で死亡例21件が報告

技能評価を重視した専門医制度を創設(肝胆膵外科学会)

都道府県医師会新役員─宮城県医、秋田県医、埼玉県医、千葉県医、滋賀県医

短信 介護保険法等改正案が提出

短信 介護予防でマニュアル策定、21年度から実施

近医連、唐澤氏への支持問題を先送り─会長選の焦点は人事に

訃音 竹内 純氏(名大名誉教授・病理学)

短信 日精協、鮫島会長が3選

NEWS資料 【資料】平成20年度診療報酬改定の概要

今週のキーワード 「標準的な健診・保健指導プログラム」

お茶の水だより

21年改定までに関係者の合意形成を

アン・サリー氏 (歌手)

特集 1

心臓血管外科学(幕内晴朗)

婦人科学(落合和德)

眼科学(大野重昭)

学術・論文

急性白血病治療の現状と今後の課題(藤田浩之)

学術・連載

「知っておきたい頻用薬の上手な使い方」 整腸剤(頼 冠甫)

「冷や汗ファイル」 過食症治療により社会的副作用を生じた25歳女性例(中野弘一)

海外情報セレクト 高齢女性の骨密度と骨吸収は血中レプチン濃度によって予測できるが、男性ではできない(小澤浩司)

海外情報セレクト 左室不全患者におけるACE阻害薬とARB併用療法の副作用(猿田享男)

一週一話

幼児期のO脚に対する夜間矯正装具の効果(倉 秀治)

質疑応答

高血圧・糖尿病の尿アルブミン陽性の診断・治療(猪股茂樹)

内臓脂肪と皮下脂肪の違い(金谷由紀子)

びまん性甲状腺腫の診断基準(網野信行)

メタボリックシンドロームの診断基準(中村 正)

門脈ガス血症・腸管嚢腫様気腫症(平松昌子)

がんの脳への転移・脳からの転移(佐藤慎哉)

アタマジラミのピレスロイド系駆除剤抵抗性(冨田隆史)

遺言書の作成法(小口克巳)

外注した検査写真の保存管理(竹中郁夫)

多収穫トマトの栽培法(川原田邦彦)

エッセイ

佐藤剛蔵と京城医学専門学校 ─朝鮮で医学教育に尽した人々(上)(石田純郎)

BOOK REVIEW

本間之夫編 『排尿・排便のトラブルQ&A 排泄学の基本と応用』(後藤百万)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.