1. TOP>
  2. No.4387(2008年5月24日発行)

バックナンバーNo.4387

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4387 2008年 5月 24日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

「小児外科領域の最近の話題」 鏡視下手術(3) Nissen噴門形成術・脾臓摘出術(岡和田学)

プラタナス

メタボリック症候群と禁煙(作田学)

ニュース

医療確保ビジョン会議が医師確保対策で骨子案を取りまとめ─舛添厚労相「医師は基本的に増やす」

野党が後期高齢者医療制度廃止法案の骨子固める─「老健制度に戻す」で一致

後期高齢者医療制度、与党でも見直し議論─負担軽減策や診療報酬が検討課題に

後期高齢者診療料・終末期支援料─中医協、マスコミ・国会議員の批判に反論

給付範囲や病院経営の資本調達法など課題に─社会保障国民会議の分科会で伊藤補佐官

福田首相「大胆な効率化を」─社会保障国民会議で指示

中四国医連が後期高齢者診療料に反対決議─外来管理加算の時間要件にも不満噴出

日医連に選挙対策委と規約改訂検討委設置へ─次期参院選や公益法人改革に対応

療養病床の必要病床数、「きちんと推計し直す」─舛添厚労相が参院厚労委で答弁

追跡 基礎と臨床の橋渡し─トランスレーショナルリサーチを探る

日本医事新報セミナー─「発癌予防のためC型肝炎・肝硬変の治療を」(虎の門病院・熊田氏)

「調査委員会が機能するかは医療界次第」─日本外科学会学術集会の特別企画で厚労省が強調

「第三次試案の精神を支持」─死因究明制度で日本外科学会が声明

「議連は死体移植が増える施策を」─日本移植学会が病腎移植を改めて批判

「死体ドナーを自国で増やして」─国際移植学会が声明

全国医学部長病院長会議の新会長に岩手医大学長の小川彰氏

医療事故防止で全国キャンペーンが開始─入院死亡者1万人低減目指す

平成20年春の叙勲に輝く人々(1)

短信 がん対策推進計画が未策定は7府県

短信 後期高齢者は人口の9.9%に

訃音 大橋 勝氏(名大名誉教授・皮膚科学)

日医、死因究明制度の第三次試案で見解案

短信 福祉医療機構利率改定(5月16日)

平成20年春の叙勲受章者

NEWS資料 平成20年度から新たにDPC対象病院となる病院(5月9日 中医協・診療報酬調査専門組織DPC評価分科会資料)

今週のキーワード 「都道府県がん対策推進計画」

時論

厚生労働省は国税庁を見習え(板津安彦)

ワクチンの安心接種に向けて(第4報) ─安全接種と安心接種(菅野恒治)

お茶の水だより

死因究明への投資に応えよう

齋藤 康氏 (千葉大学長)

特集 1

癌の化学療法(内科的)(畠 清彦)

学術・論文

糖尿病を合併した妊娠への対応(平松祐司)

学術・連載

「Axis認定産業医-実践編」 労働安全衛生マネジメントシステムとリスクアセスメント(加部 勇)

「臨床検査値をどう読むか?」 大球性貧血を主とする汎血球減少、LDHとビリルビンの上昇を呈した53歳男性(吉田彌太郎)

一週一話

残胃癌の診断と治療(荒井邦佳)

質疑応答

インスリン製剤の使い分け(草鹿育代)

脂質代謝の日内変動(佐伯 茂)

肝性脳症の原因と症状・治療(森脇久隆)

発熱性好中球減少症の診断・治療(吉田均)

胃瘻造設と肺炎リスク低減効果(櫻井洋一)

NOMIと虚血性腸炎との相違点(小川展二)

ポリオウイルス受容体発現トランスジェニックマウス(野本明男)

法医学用語の「絞殺」と「扼殺」の違い(赤根 敦)

健康保険で自己診療が許されない法的根拠(竹中郁夫)

事物紹介文と引用・転載(大家重夫)

データ用と録画用DVDの差異(係)

エッセイ

ナイジェリアの僻地医療と生活文化をかいまみて(板東浩)

BOOK REVIEW

宮崎東洋編 『ペインクリニシャンのための痛み診療のコツと落とし穴』(馬場洋)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.