1. TOP>
  2. No.4397(2008年8月2日発行)

バックナンバーNo.4397

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4397 2008年 8月 2日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

「小腸の内視鏡診断・治療」 クローン病(北出 卓)

破裂脳動脈瘤の診断と初期治療のポイント(田村陽史)

プラタナス

「賢い患者」「困った患者」(辻本好子)

ニュース

政府が「5つの安心プラン」を発表─救急・産科医への手当など概算要求に反映へ

知事会から医師不足対策求める意見続出─厚労省と実務者協議

死因究明制度で救命救急医療は刑事処分を免除─自民党の検討会が刑法の特例を検討

医師数大幅増求め署名活動─「医学部定員5割程度増やすべき」

21年度予算概算要求基準─「重要課題推進枠」3300億円を設定

国民医療推進協議会・総決起大会─「2200億円削減の撤廃」を決議

捜査機関への通知範囲で明確化求める声─死因究明制度で公開討論会

追跡 CO2削減を迫られる医療施設(下)─私立病院の自主的な取り組み

日本脳炎ワクチン「接種必要」で一致(予防接種検討会)

ジェネリック医薬品品質情報検討会が初会合

スーパー特区─iPS細胞応用など5分野で公募

医療機器早期導入検討会

短信 11月11日は「介護の日」

短信 医師不足地域派遣医師らに厚労相から感謝状

短信 後期高齢者診療料の廃止で決議─関東医連

短信 厚労省の「人事政策検討会議」が初会合

訃音 磨伊正義氏(金沢大名誉教授・消化器外科学)

NEWS資料 社会保障の機能強化のための緊急対策~5つの安心プラン

今週のキーワード 「重要課題推進枠」

時論

リスク・コミュニケーションとは ─その歴史と現代における課題(吉川肇子)

お茶の水だより

病診双方に必要な財源の確保を

下條文武氏 (新潟大学長)

学術・論文

破裂脳動脈瘤の診断と初期治療のポイント(田村陽史)

学術・連載

「臨床検査値をどう読むか?」 動脈硬化症ハイリスク状態にあり、安静時にも持続する胸痛を発症した76歳女性(佐藤幸人)

海外情報セレクト 後向き大規模研究からみた治療抵抗性高血圧症における原発性アルドステロン症の頻度(猿田享男)

「消化器疾患に対する心身医学的アプローチ」 癌と悪液質(乾 明夫)

一週一話

Duchenne型筋ジストロフィー治療の最前線(松尾雅文)

質疑応答

腎機能障害の鑑別診断(遠藤正之)

禁煙とCOPD(石坂彰敏)

抗血小板療法中の手術(矢坂正弘)

神経障害判定に使用する音叉(佐野隆久)

DPT三種・DT二種混合ワクチンの追加接種(宮津光伸)

子宮後屈後傾症と月経困難症・不妊との関係(金村和美)

皮膚?痒症の機序と治療法(生駒晃彦)

医師会・弁護士会加入と懲戒処分の異同(竹中郁夫)

自殺率の用法(係)

学術・企画

特別寄稿 <特別寄稿>EBMに基づいた降圧薬の選択─最近の大規模臨床試験とその適正評価(桑島 巌)

エッセイ

再生医療の夜明け ─肝臓移植から幹細胞を用いた乳房再生へ(杉町圭蔵)

BOOK REVIEW

島本和明編 『メタボリックシンドロームと生活習慣病』(下村伊一郎)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.