1. TOP>
  2. No.4400(2008年8月23日発行)

バックナンバーNo.4400

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4400 2008年 8月 23日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

「小児外科領域の最近の話題」 新生児・低出生体重児の外科(小笠原有紀)

カテーテルアブレーションによる不整脈治療の現況─細動の治療を中心に(山根禎一)

プラタナス

生殖補助医療(ART)─「現場主義」からの脱却を(放生勲)

ニュース

福島県立大野病院事件─福島地裁、加藤医師に無罪判決 医師法21条で踏み込んだ解釈も

「総合医」認定制度は平成22年4月までに開始へ─日医が制度案をまとめ通知

政管健保が5年ぶりの赤字─平成19年度収支決算

平成20年人事院勧告─医師の年収を平均127万円引き上げへ

民間医師の初任給2万円弱の増(20年民間給与実態調査)

「慢性期」などは遠隔医療も選択可能(遠隔医療推進懇談会)

救命救急センターの評価方法見直しへ(救急医療検討会)

潮流2008 キーパーソンに聞く 潮流2008 キーパーソンに聞く (02):藤原 淳(日本医師会常任理事)[基本診療料・DPC]-「『病院用』と『診療所用』 二本立ての点数表も検討すべき」

社会保障は経済社会を発展(平成20年版厚生労働白書)

追跡 医学部定員「5割増」論をどう見るか

国を挙げて問題解決に動き出すことを期待─インド人代理出産で日本学術会議が談話

新しい医療に社会の総意の反映を─日本学術会議が新組織の構築を提言

先進医療 先進医療─「RET遺伝子診断」を了承

評価機構が血糖測定器で使用上の注意呼びかけ

短信 19年度の介護給付は437万人

短信 介護予防のため低侵襲治療法確立を

短信 規制改革会議中間とりまとめに厚労省が反論

短信 福祉医療機構利率改定(8月13日)

訃音 蜂屋順一氏(杏林大名誉教授・放射線診断学)

NEWS資料 平成20年人事院勧告 医療職俸給表

NEWS資料 「地域医療、保健、福祉を担う幅広い能力を有する医師」の養成を目的とする認定制度(案)に関するご意見募集について(8月11日 日本医師会)

今週のキーワード 「代理懐胎問題」

時論

小児医療供給体制構想と子ども医療圏設定の必要性 ─郵便番号を利用した大阪府下の小児入院患者の全数把握から見えてくるもの(大阪小児科医会)

お茶の水だより

大野病院事件と死因究明制度

上田博三氏 (厚生労働省健康局長)

学術・論文

基礎医学から 個別化医療に向けた多項目検出法の意義と応用(芝崎 太)

鉄代謝異常と疾患(小船雅義)

腰椎すべり症の病態と治療(松本守雄)

学術・連載

「臨床検査値をどう読むか?」 近医で慢性肝炎にて加療中、急速に腎機能が低下した79歳女性(岡田倫之)

海外情報セレクト 2型糖尿病患者死亡に対する多面的介入の効果(Steno-2試験)(浜口朋也)

一週一話

腎不全の療養指導(岡村幹夫)

質疑応答

狭心症発作と心電図正常の機序(泰江弘文)

特発性血小板減少性紫斑病と免疫(桑名正隆)

眠くなると舌先が震える例(山元敏正)

帰国時の下痢症状への対応(大西健児)

神経原性疼痛の診断(比嘉和夫)

ESSの概要と適応疾患(喜多村健)

微量元素の生体内での役割(田中芳明)

高齢者の下肢トレーニング(久野譜也)

特養嘱託医の報酬全額寄付と契約解約問題(安西 愈)

「書類送検」と「送検」の違い(小口克巳)

喫煙と香・茶香炉(係)

エッセイ

病跡学閑話04:『失われた時を求めて』のシャルリュス男爵 ─20世紀初頭フランスの脳卒中患者(高橋正雄)

絵画におけるL’Art Brut(生の芸術)(北嶋省吾)

BOOK REVIEW

門脇 孝編 『アディポネクチンとその受容体 抗生活習慣病ホルモンの全貌』(矢崎義雄)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.