1. TOP>
  2. No.4403(2008年9月13日発行)

バックナンバーNo.4403

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4403 2008年 9月 13日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

「プライマリケア医のための肛門疾患の診かた」 痔瘻(岩垂純一)

人工骨による骨・関節疾患の治療(吉川秀樹)

プラタナス

認知症の臨床から学んでいること(長谷川和夫)

ニュース

新医師臨床研修制度─厚労、文科両省合同で見直し議論スタート

高齢者医療制度─負担増凍結を21年度末まで継続

短信 医療確保ビジョン中間報告に日医が反論

短信 厚労行政在り方懇は継続─町村官房長官

短信 産科医療補償制度加入施設は全体の7割弱

訃音 飯野四郎氏(元聖マリアンナ医大教授・肝臓病学)

麻疹ワクチン接種率、高3は3割に留まる─目標95%に遠く及ばず(麻しん対策推進会議)

NEWS資料 日本医師会認定産業医制度指定研修会一覧(9月13日以降)

今週のキーワード 「新医師臨床研修制度」

時論

医師事務作業補助者「期待と今後の課題」(中村雅彦)

お茶の水だより

まだ道半ばの麻疹排除対策

森下立昭氏 (香川県医師会長)

特集 1

<特集>医事新報版「厚労省改革」会議 医事新報版「厚労省改革」会議

<特集>医事新報版「厚労省改革」会議 舛添厚労相に問う─なぜ中医協や技官人事の見直しなのか

<特集>医事新報版「厚労省改革」会議 坪井栄孝元日医会長に聞く「医療を良くするために中医協を改革するなど見当違いだ」

<特集>医事新報版「厚労省改革」会議 坂口 力元厚労相に聞く「『潮目の変化』を見誤り対処を遅らせてきたのが一番の問題」

<特集>医事新報版「厚労省改革」会議 厚生省・厚生労働省 1996~2008年の動き

<特集>医事新報版「厚労省改革」会議 オピニオン(1) 厚労省が霞が関改革のトップランナーに  浅野史郎(慶大総合政策学部教授)

<特集>医事新報版「厚労省改革」会議 オピニオン(2) 中医協を復権させる時 中川俊男(日本医師会常任理事)

<特集>医事新報版「厚労省改革」会議 オピニオン(3) 健康危機管理に大臣直属の医官を 西山正徳(前厚生労働省健康局長)

<特集>医事新報版「厚労省改革」会議 オピニオン(4) 独立型高齢者保険では財源的な制約から医療内容が劣化する 堤 修三(阪大院人間科学研究科教授)

<特集>医事新報版「厚労省改革」会議 記者座談会「厚労省改革で問われているもの」

学術・論文

脳血管性うつ病の診断と治療(山下英尚)

高齢者漢方治療のポイント(秋葉哲生)

研究報告 医療費データから見た夫婦間の一致性(須賀万智)

研究報告 マラリア患者の地域別分布(海老沢 功)

学術・連載

「病診連携促進講座-逆紹介/返送の実際」 がんの疼痛の管理(松尾直樹)

海外情報セレクト ワクチン接種後の失神─2005年1月~2007年7月、米国(藤田紘一郎)

海外情報セレクト 小児整形外傷コールと救急外傷治療に関する意見調査(羽鳥正仁)

一週一話

HPVワクチン(松本光司)

質疑応答

脳梗塞の収縮期血圧の上限のコントロール(井林雪郎)

慢性膵炎を疑う場合の対応(下瀬川徹)

SIADHへのデメクロサイクリン投与(三宅敦子)

鼠径ヘルニアの新しい手術法(岡崎 誠)

前立腺癌ホルモン療法と高血糖(酒井英樹)

少量血液からの性別・肝機能等の判定(石津日出雄)

喫煙が活性酸素を増やす仕組み(嵯峨井勝)

トリカブトの毒性(山崎幹夫)

残薬利用と医師法(竹中郁夫)

予防接種公費負担の自治体格差(竹中郁夫)

公立病院のパート医師の年休について(安西 愈)

「抗菌」の定義(係)

エッセイ

スポーツと趣味の間に(梁井皎)

BOOK REVIEW

野口善令・福原俊一著 『誰も教えてくれなかった診断学 患者の言葉から診断仮説をどう作るか』(大曲貴夫)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.