1. TOP>
  2. No.4412(2008年11月15日発行)

バックナンバーNo.4412

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4412 2008年 11月 15日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

「肺癌の内視鏡による検査と治療」 光線力学的治療(photodynamic therapy;PDT)(臼田実男)

「代表的循環器疾患の心エコー画像」 先天性心疾患(成人)の心エコー図(穂積健之)

プラタナス

がん検診推進に税控除を(濃沼信夫)

ニュース

周産期医療と救急医療の連携策を検討─厚労省懇談会が12月中に提言

分娩取り扱い病院104施設減少─日産婦公開フォーラムで医会が調査結果報告

周産期救急医療で情報伝達システム─厚労省と経産省が共同で開発

薬価改定半年後の価格妥結率は70.9%─流通改善懇が調査結果

全日病と医学部長会議が調査委員会に疑義(死因究明検討会)

DPC評価分科会が機能評価係数の基本方針を概ね了承

調整係数廃止「少なくとも3回改定後に」─日病協など3団体がDPC分科会に提案

日本病院会調査─DPC「導入良かった」8割に

追跡 「病院の言葉」を分かりやすくする─国立国語研究所からの提案

21年度医学部入学定員は過去最大の8486名に─20年度より693名増員

後発医薬品35成分・99品目が追補収載─「初ゾロ」は2成分

短信 2200億円の手だては「税調を見て判断」

短信 レセオンライン義務化「対応可能」と答弁書

短信 後期研修研究班が学術会議からヒアリング

短信 日医が裁判員制度で申し入れ

NEWS資料 平成21年度医学部入学定員の増員における各大学の取組の概要(11月4日 文部科学省)

今週のキーワード 「周産期医療対策事業」

時論

松戸市小児救急システムの4年間の歩み ─地域連携型の夜間小児急病センターの現状と問題点(和座一弘)

高血圧治療の課題と対策 ─経済的効果の視点を中心に(小夫聡卓)

お茶の水だより

次期大統領の医療政策に注目を

長瀬 清氏 (北海道医師会長)

学術・論文

新しい抗てんかん薬を用いたてんかんの薬物治療(藤原建樹)

慢性心不全に併発する睡眠呼吸障害の治療(篠崎 毅)

進行性骨化性線維異形成症の病態と治療(片桐岳信)

学術・連載

「病診連携促進講座-逆紹介/返送の実際」 乳癌術後の長期管理─乳癌術後地域連携クリニカルパス運用の経験から(池谷俊郎)

実地医家のための会 「実地医家のための会」第502回例会(神保勝一)

海外情報セレクト 外傷性アキレス腱断裂に対する最小侵襲手術と保存治療─ランダム化比較試験による検討(佐野博高)

一週一話

胆道閉鎖症の治療(岩井直躬)

質疑応答

後期高齢者の血圧下降(西永正典)

肝静脈基部の径幅の正常値(平井一郎)

高血圧と高脂血症に合併した脳動脈瘤・狭窄(松村 明)

筋肉・靱帯の慢性疲労・脆弱化(中田 実)

水痘接触者に対するポリオワクチン(須賀定雄)

高齢者の長期・大量の寝汗(新井 信)

海外渡航時の破傷風追加接種の留意点(宮津光伸)

介護士等の内服介助の可否(竹中郁夫)

自殺者の数値の違い(高橋祥友)

エッセイ

夢の医用工学―ナノテクノロジー(菊地宏和)

初めての夏(片山敏郎)

BOOK REVIEW

山崎義光、松尾 汎、矢坂正弘、尾崎俊也編 『臨床のための頸動脈エコー測定法』(第2版)(島田和幸)

M.E.DeBroe,G.A.Porter,W.M.Bennett,G.A.Verpooten編、杉崎徹三監訳 『臨床家のための 腎毒性物質のすべて』 (小椋陽介)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.