1. TOP>
  2. No.4420(2009年1月10日発行)

バックナンバーNo.4420

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4420 2009年 1月 10日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

肝細胞癌─治療編(山下竜也)

「心電図で診る胸痛」 大動脈解離(石井 聡)

プラタナス

医者と患者との関係について思うこと(加藤達夫)

ニュース

平成21年度介護報酬改定で答申─介護療養型老健の報酬単位を上乗せ

日本脳炎ワクチン接種で検討開始─供給不足に備え優先する集団を検討(予防接種検討会)

今週のキーワード 「ACIP」

時論

プロフェッショナルの知(1)(橋本信也)

お茶の水だより

「10年後の医学・医療」実現のために

嘉山孝正氏 (山形大医学部長)

特集 1

<特集>10人が語る 10年後の医学・医療 10人が語る 10年後の医学・医療

<特集>10人が語る 10年後の医学・医療 癌(診断・治療法) ロボット手術、NOTESなどの普及で癌治療の低侵襲化が急速に進む 北島政樹(国際医療福祉大学副学長・三田病院長)

<特集>10人が語る 10年後の医学・医療 癌(抗癌剤開発) 分子標的治療薬の開発で個別化治療が加速 西條長宏(国立がんセンター東病院副院長)

<特集>10人が語る 10年後の医学・医療 循環器疾患 心不全の再生治療で画期的な進展が現実的に 小室一成(千葉大院教授・循環病態医科学)

<特集>10人が語る 10年後の医学・医療 糖尿病 膵beta細胞を増やす治療で糖尿病は完治する疾患に 岡 芳知(東北大院教授・分子代謝病態学)

<特集>10人が語る 10年後の医学・医療 アルツハイマー病 『真犯人』の解明が課題の10年になる 朝田 隆(筑波大教授・精神医学)

<特集>10人が語る 10年後の医学・医療 リウマチ・膠原病 リウマチ治療薬の開発と同時に原因特定の研究が進む 川合眞一(東邦大医療センター大森病院教授・膠原病科)

<特集>10人が語る 10年後の医学・医療 パーキンソン病 病因解明と治療法の開発が現実に期待できる 高橋良輔(京大院教授・脳病態生理学)

<特集>10人が語る 10年後の医学・医療 Brain Machine Interface 安全な福祉技術として普及し障害者も創造的な生活を楽しむ 吉峰俊樹(阪大院教授・脳神経外科)

<特集>10人が語る 10年後の医学・医療 再生医学(細胞シート) 5年以内に細胞シートでの治療を一般化したい 岡野光夫(東京女子医大先端生命医科学研究所長)

<特集>10人が語る 10年後の医学・医療 再生医学(iPS細胞) 病態モデル作製で新薬開発に期待 山中伸弥(京大iPS細胞研究センター長)

学術・論文

心不全とアルドステロン─長い歴史を持つアルドステロン研究の再燃(吉村道博)

プライマリケアにおける不安障害への対応(田島 治)

虚血機序に基づいた突発性難聴の病態と治療(暁 清文)

研究報告 認知症への抑肝散処方のコツ(山口晴保)

学術・連載

「臨床検査値をどう読むか?」 経皮的冠動脈形成術後、好酸球増多を伴う進行性の腎機能低下が見られた73歳男性(相馬 淳)

「適正使用のための薬剤情報」 新しい作用機序を有する高コレステロール血症治療薬エゼチミブ(藤村昭夫)

一週一話

先天色覚異常への対応の現状(中村かおる)

質疑応答

内服薬・インスリン注射の離脱の定義(五十川陽洋)

大腸ポリペクトミーの使い分け(鈴木武志)

難治性の甲状腺機能障害の治療(村上 司)

肺癌術後の再発形式・合併症(小田 誠)

微小球によるがんの放射線・温熱療法(川下将一)

ブロー氏液の入手法(湯元良子)

公家の家格(係)

エッセイ

病跡学閑話08:カルダーノの『自伝』 ─病みながら生きた医師(高橋正雄)

BOOK REVIEW

伊東春樹監 ジャパンハートクラブ編 『心臓リハビリテーション 現場で役立つTips』(谷口興一)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.