1. TOP>
  2. No.4425(2009年2月14日発行)

バックナンバーNo.4425

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4425 2009年 2月 14日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

喉頭癌、下咽頭癌への声を残す低侵襲手術─経口的喉頭下咽頭部分切除術(塩谷彰浩)

「泌尿器科的症候から見た画像検査法の選択から診断まで」 疝痛(河原正明)

プラタナス

将来の医療政策に反映する戦略研究に期待する (酒井紀)

ニュース

医師臨床研修制度─四病協が実質1年への見直し反対で提言「医療崩壊の真の原因は臨床研修制度ではない」

日医がオンライン義務化撤回を要望─自民・鴨下氏「精力的に行動する」

日医会員の喫煙率、過去最低に─男性15.0%、女性4.6%

新型インフルエンザ対策で「地域に応じた医療体制の確保を」─全国健康関係主管課長会議

協会けんぽ保険料率で厚労省が都道府県と意見交換

後期臨床研修研究班が英国の家庭医養成でヒアリング

「ジェネリック医薬品希望カード」配布を─後発品の普及促進で通知

風邪薬などの通信販売が禁止に─厚労省が薬事法改正省令を公布

追跡 医療施設の地震対策を検証する─長周期地震動に免震構造は耐えられるか

海外の話題 欧州の麻疹排除計画達成に黄信号─不十分なワクチン接種に原因(LANCET)

海外の話題 新世代の抗うつ薬12製剤をメタ解析─エスシタロプラムとセルトラリンを評価(LANCET)

短信 75歳の区切り「撤廃すべき」─自民医療委

短信 ICDの改正で日本の意見が採択

短信 新会長に垣添忠生氏を選任─厚生科学審議会

野中 博氏が4月の都医会長選に出馬へ

NEWS資料 がん診療連携拠点病院の指定状況(2月3日 厚生労働省 がん診療連携拠点病院の指定に関する検討会)

今週のキーワード 「ICD」

時論

医療法人制度の辿った道と医療法改正および経過措置について(野木盈)

お茶の水だより

オンライン請求義務化反対の声に傾聴を

上島弘嗣氏 (滋賀医大公衆衛生学教授、「NIPPON DATA」主任研究者)

特集 1

高血圧症学(松岡博昭)

リウマチ(膠原病)・アレルギー学(江口勝美)

消化管外科学(北山丈二)

呼吸器外科学(蘇原泰則)

老年医学(三木哲郎)

学術・連載

「病診連携促進講座-逆紹介/返送の実際」 胃瘻造設後の在宅管理(吉田孝司)

「適正使用のための薬剤情報」 ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬エプレレノン(牛島健太郎)

一週一話

近視進行の抑制法(長谷部 聡)

質疑応答

スタチンとフィブラート系薬剤の併用(田中 明)

高齢者喘息の治療・服薬指導(高橋英気)

バレット食道の病態・原因・治療(古田賢司)

パーキンソン病患者の自動車運転継続の可否(久野貞子)

RSウイルス感染症の診断法(堤 裕幸)

起立性調節障害の治療(田中英高)

コンピュータ技術によるてんかんの低侵襲治療(山川 烈)

ビスフォスフォネート製剤と顎骨壊死(浦出雅裕)

国賓・公賓などの違い(係)

エッセイ

書物への懺悔(小松建次)

BOOK REVIEW

池田隆徳著 『これでわかる 危険な不整脈の診かたと治療 心臓突然死を予防するノウハウを知る』(奥村謙)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.