1. TOP>
  2. No.4292(2006年7月29日発行)

バックナンバーNo.4292

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4292 2006年 7月 29日発行
毎週土曜日発行
B5判、約134頁
定価713円(本体660円+税)


グラフ

汗疹(あせも)の診かた(滝脇弘嗣)

普通感冒の感染経路─インフルエンザとどう違うか(加地正郎)

プラタナス

生活習慣病予防の保健指導(齊藤壽一)

ニュース

医師偏在解消へ医療界も対策を─厚労省医師需給検討会が報告書

新医師臨床研修制度─大学に戻った研修修了者は50.6%(全国医学部長病院長会議が調査結果を公表)

「健康づくりのための運動基準2006」まとめる(運動所要量・指針策定検討会)

レセプトオンライン化でデータベース構築へ(健保連)

新薬情報 新薬情報

日米欧の製薬3団体が薬価頻回改定に反対(中医協薬価部会)

短信 医師不足問題で入学定員増も検討

短信 介護保険の被保険者・受給者範囲で有識者調査

短信 川崎厚労相、削減は「省全体の予算で努力」

短信 薬価の頻回改定に反対の姿勢表明(日医)

訃音 柳瀬敏幸氏(九州大名誉教授・福岡逓信病院名誉院長・内科学)

今週のキーワード 「メッツ」

時論

2006年4月の診療報酬改定について(椎貝達夫)

欧米の真似と、残すべき日本の良さと(小林健司)

お茶の水だより

健康づくりに国民はついていくか

今村定臣氏 (日本医師会常任理事)

特集 1

座談会「医療報道を考える─危機意識共有へ医師は何をすべきか」 大島伸一/中川俊男/中山健夫/南 砂

学術・論文

研究報告 ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)の治療に関する最近の進歩(今宿晋作)

研究報告 家族が認知症となった場合の対処行動─一般生活者に対する調査から(安部幸志)

研究報告 インターネットの利用で参加できる麻疹様疾患患者報告システムの構築─全数報告による麻疹把握のための一歩として─(大日康史)

学術・連載

「家庭血圧管理術」 血圧変動の大きい白衣高血圧(桑島 巌)

「冷や汗ファイル」 全身のあちこちの痛みと右腕の一過性挙上障害を呈した慢性炎症性貧血(澤田賢一)

海外情報セレクト 掻爬・セメンテング術後の骨巨細胞腫局所再発に対する治療(羽鳥正仁)

海外情報セレクト レーベル視神経症の臨床症状と遺伝子変異の影響(村上 晶)

一週一話

老人性難聴の予防に向けて(山岨達也)

質疑応答

脳梗塞症発症後の投薬中止の指標(矢坂正弘)

睡眠時無呼吸症候群の分類と鑑別方法(成井浩司)

大腸癌の腫瘍マーカーの現状と精度(吉村哲規)

褥瘡のラップ療法(鳥谷部俊一)

乳児の便秘への対応(遠藤 剛)

シンナー曝露の職場環境と身体への影響(横山和仁)

哺乳動物の肺の生理機構(佐藤克文)

シュニッツラー転移の名称の由来(深瀬泰旦)

人工妊娠中絶と同意(竹中郁夫)

普賢延命菩薩の由来と信仰(藤井正雄)

エッセイ

旅行家イザベラ・バードがみた明治時代の秋田県の医療事情(山口昭彦)

就職と健診(御園生潤)

「飛行機をハイジャック(!?)した話」に関連して(増岡陸浪)

誤字、誤植のあれこれ(高木國夫)

BOOK REVIEW

若倉雅登ほか編著 『解決! 目と視覚の不定愁訴・不明愁訴』(寺崎浩子)

自著紹介 『外来でのコミュニケーション技法 ─診療に生かしたい問診・面接のコツ・第2版』(飯島克巳)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.