1. TOP>
  2. No.4461(2009年10月24日発行)

バックナンバーNo.4461

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4461 2009年 10月 24日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

「乳腺外来における診断・治療の実際」 センチネルリンパ節生検(長内孝之)

プラタナス

優れた日本の医療技術を守るために(山口俊晴)

ニュース

原中茨城県医会長が日医会長選に出馬表明─日医連は自民党支持を「白紙撤回」

日医が患者負担引下げを提言─新政権に要望「緊急の対応を」

新型インフルエンザワクチン─接種回数見直し、医療従事者は1回に

ワクチン販売価格の統一化を正式決定

平成22年度厚労省予算概算要求─見直しで総額28兆8894億円を要求

「医療崩壊阻止」など税制改正要望に─厚労省、たばこ税の引上げも盛り込む

追跡 高血圧診療ガイドラインの課題とは─JSH2009の分担執筆者が講演

NEWSダイジェスト DPC参加・退出ルールで関係通知

NEWSダイジェスト インフルエンザ定点「12.92」─厚労省「医療体制確保を」

訃音 小川勝士氏(岡山大名誉教授・病理学)

NEWSダイジェスト 特定疾患治療研究の11疾患、10月から施行

速報・インフルエンザ定点当たり報告数 2009年第41週(10月5~11日)

「オバマの医療改革」 「オバマの医療改革」19:高額保険料プランへの課税─改革に充てる新規財源の論争

NEWS資料 新型インフルエンザへの対応のための外来開設に係る医療法上の取扱いに関するQ&A(10月9日 厚生労働省新型インフルエンザ対策推進本部)

NEWS資料 新型インフルエンザワクチン接種事業に関するよくある質問及び現段階での考え方(未定稿)(10月7日 厚生労働省新型インフルエンザ対策推進本部)

今週のキーワード 「日医連の活動指針」

お茶の水だより

置き去りにしていい課題などない

阿部知子氏 (衆議院議員、社民党政審会長)

学術・論文

基礎医学から 心房細動のup-stream治療(熊谷浩一郎)

重症喘息の病型と治療(浅野浩一郎)

小児高血圧の現状と診断・治療のポイント(内山 聖)

薬物により誘発されるうつへの対応(寺尾 岳)

新型インフルエンザワクチンとギラン・バレー症候群(小鷹昌明)

学術・連載

プライマリケア医応援プログラム:「プライマリケア医のための相談室」 何でも相談されて困っています(松村真司)

「ケースから診るCKD診療法」 高度の腎機能障害に尿毒症を併発したため早急に透析を導入した症例(奥野仙二)

一週一話

むずむず脚症候群(RLS)の治療(塩見利明)

質疑応答

プロラクチンの基準値(家入蒼生夫)

血小板減少のC型肝炎患者の治療(泉 並木)

胃生検での動物由来ヘリコバクター(高柳尹立)

小児用薬剤の投与量の根拠(磯島 豪)

高齢者の臀部・尾骨周辺の皮膚病変(久保正英)

健康関連QOL(SGRQ)について(西村浩一)

新型インフルエンザの出席停止基準(岩田健太郎)

検視に対する臨床医の関与(竹中郁夫)

遺伝子組換え野菜について(係)

エッセイ

病跡学閑話12:病跡学者としての湯川秀樹 ─ニュートン論(高橋正雄)

BOOK REVIEW

武藤芳照編著 『スポーツ医学実践ナビ スポーツ外傷・障害の予防とその対応』(山下敏彦)

田村和夫編 『がん治療副作用対策マニュアル[改訂第2版]』(有吉寛)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.