1. TOP>
  2. No.4494(2010年6月12日発行)

バックナンバーNo.4494

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4494 2010年 6月 12日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

重症薬疹Stevens-Johnson症候群の眼合併症について(上田真由美)

トルコ鞍近傍に発生する脳腫瘍(下)(内山雄介)

プラタナス

腫瘍学に魅せられて~「がん悪液質」から生と死を考える(向山雄人)

ニュース

菅新内閣が発足─「社会保障を負担ではなく成長分野に」

再任の長妻厚労相「日本モデル示す」─社会保障の成長戦略で来月にもたたき台

新型インフルエンザ総括会議が報告書―感染症対策の人員体制強化を指摘

混合診療の範囲拡大、現行制度より柔軟な仕組みを検討へ―規制・制度改革分科会が第一次報告書

自殺・うつ病対策で厚労省PTが五本柱の対策を取りまとめ―かかりつけ医と精神科医の地域連携を

妊婦健診の公費負担、平均で90948円(22年4月の調査結果)

22年改定関係通知─他医療機関受診時の「投薬」の扱いを見直し

追跡 小児科医はなぜ保険医取消となったのか─「溝部訴訟」の背後にある問題

生活習慣指導で脳卒中発症を抑制(日本糖尿病学会学術集会)

日本糖尿病学会がアクションプラン─2015年に患者減少

薬価収載情報 薬価収載情報

新薬情報 多発性骨髄腫治療薬「レブラミド」が承認へ

【解説】ピロリ菌除菌療法の保険適用拡大─胃癌治療に除菌が必須の時代へ

NEWSダイジェスト WHOが「ピーク後」を宣言─新型インフルエンザ

NEWSダイジェスト 安藤、西島両氏が支持を訴え相次ぎ集会

NEWSダイジェスト 厚労省が来年度税制改正要望を募集

訃音 青木正和氏(結核予防会会長)

今週のキーワード 「新成長戦略」

時論

初期研修医のプロフェッショナリズムに関する行動についての指導医調査(菅野哲也)

お茶の水だより

「最小不幸の社会」と第三の道

葉梨之紀氏 (日本医師会常任理事)

特集 1

「MEET(MEDICAL EXPERTS TALK)」 IgA腎症診療を激変させた「扁摘パルス療法」(堀田 修/飯野靖彦)

学術・論文

軽症くも膜下出血の臨床診断─見逃しを防ぐために(波出石弘)

ホルモン補充療法の効果とリスク(若槻明彦)

音楽運動療法による脳機能の再生(野田 燎)

研究報告 若年性認知症に対する就労支援の実際(小長谷陽子)

学術・連載

プライマリケア医応援プログラム:「Common Problemへの総合診療的アプローチ」 動悸(三瀬順一)

一週一話

早期皮膚癌のフェノールを用いたピーリング療法(上中智香子)

質疑応答

随時血糖値のみ異常な健常人(村岡知則)

アディポネクチンの抗動脈硬化作用(木原進士)

胃粘膜下腫瘍へのボーリングバイオプシーの適応(赤松泰次)

悪性腫瘍と感染症の関連(藤田次郎)

偽性副甲状腺機能亢進症と悪性腫瘍随伴性高Ca血症(加瀬浩之)

子宮頸部細胞診とHPV検査(平井康夫)

BCG接種後の針痕数と免疫効果(森 亨)

医療者である家族の自宅点滴の可否(竹中郁夫)

人間による絶滅動物について(係)

安全保障理事会について(係)

絵画への照明の影響(大山 敬)

BOOK REVIEW

松島英介・保坂隆監訳 『医師が患者になるとき』(仙波純一)

奥村 謙編 『心臓リズムマネージメントを究める』(山下武志)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.