1. TOP>
  2. No.4501(2010年7月31日発行)

バックナンバーNo.4501

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4501 2010年 7月 31日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


プラタナス

インターネットと心理支援(田村毅)

ニュース

社会保障費は「1割削減」の対象外に─23年度予算概算要求基準が閣議決定

高齢者医療制度改革会議で中間まとめ案が公表─現役世代と同じ保険制度に加入へ

スケジュール案と検討事項示される(社会保障審議会介護保険部会)

厚労事務次官に阿曽沼氏(厚労省幹部人事)

日医生涯教育制度─単位とCCが「合計60以上」で認定証

池田専認機構理事長が講演─「自由標榜制の矛盾解消できる制度を」

追跡 肺がん治療は新段階を迎えるか─ゲフィチニブの臨床研究をみる

がん治療における混合診療で議論─「機能特区」での対応も報告(癌研シンポ)

NEWSダイジェスト 「指導監査部門の統合」が優秀作に─厚労省政策コンテスト

NEWSダイジェスト HPVワクチン公費助成求め23団体が要望書

NEWSダイジェスト 協会けんぽ、21年度は4830億円の赤字に

NEWSダイジェスト 2700人が複数医療機関から向精神薬処方

NEWSダイジェスト 厚生労働省人事異動

NEWSダイジェスト 査定件数が2.2倍に─原因は加算の請求ミス

訃音 太田和夫氏(東京女子医大名誉教授)

NEWSダイジェスト 藤川常任理事が厚労省の調査を問題視

訃音 内山 卓氏(京大名誉教授・内科学)

NEWS資料 介護保険部会検討スケジュール案(7月26日 社会保障審議会介護保険部会)

今週のキーワード 「総合医の認定制度」

お茶の水だより

正当に評価される専門医制度を

大西秀樹氏 (日本サイコオンコロジー学会代表理事)

特集 1

<特集>Common Diseaseとしての心房細動の診かた <座談会>「進歩する心房細動治療へのアプローチ」(小川 聡)

<特集>Common Diseaseとしての心房細動の診かた 心房細動の検査・治療のフロー─初診から専門医紹介まで(1) 問診のポイント(渡邉英一)

<特集>Common Diseaseとしての心房細動の診かた 心房細動の検査・治療のフロー─初診から専門医紹介まで(2) 診察のポイント(奥山裕司)

<特集>Common Diseaseとしての心房細動の診かた 心房細動の検査・治療のフロー─初診から専門医紹介まで(3) 初診時に実施すべき検査(栗田康生)

<特集>Common Diseaseとしての心房細動の診かた 心房細動の検査・治療のフロー─初診から専門医紹介まで(4) 薬物治療のポイント─初診時 抗血栓療法の適応とレートコントロール(矢坂正弘)

<特集>Common Diseaseとしての心房細動の診かた 心房細動の検査・治療のフロー─初診から専門医紹介まで(5) 薬物治療のポイント─再診時 抗血栓療法の調整とリズムコントロール(庭野慎一)

<特集>Common Diseaseとしての心房細動の診かた 心房細動の検査・治療のフロー─初診から専門医紹介まで(6) 専門医へ紹介するポイント(杉 薫)

<特集>Common Diseaseとしての心房細動の診かた 心房細動の新しい診断・治療(1) 診断機器の進歩─携帯型心電計による心房細動の診断(佐藤俊明)

<特集>Common Diseaseとしての心房細動の診かた 心房細動の新しい診断・治療(2) 非薬物治療の進歩─カテーテルアブレーション(高月誠司)

一週一話

子宮内膜症に対するホルモン療法の現状─低用量経口避妊薬の位置づけ(奈須家栄)

質疑応答

DPP-4阻害薬と他の糖尿病薬との併用(稲垣暢也)

誤嚥性肺炎を予防する患者体位(寺本信嗣)

固定型・複相型・自動圧調整型CPAPの特徴(安間文彦)

ピロリ菌抗体およびC型肝炎ウイルス抗体の消長(神谷 茂)

認知症患者の生命予後(長谷川和夫)

予防接種の同時接種(庵原俊昭)

保険医療の適用されないケース(竹中郁夫)

長音階・短音階の違いに関する考察(青島広志)

中核市・特例市について(係)

エッセイ

フィロソフィア・メディカ─複雑系科学入門13:最高の友達(中田力)

マルセイユのプラタナス(北嶋省吾)

老健施設長を体験して(秋山竹松)

炎症性腸疾患患者の病気対処行動 ─食事療法の心理学的側面に焦点を当てて(石神信治)

BOOK REVIEW

松田 力著 『個人診療所/一人医療法人 税務・労務・会計 Q&A』(福本貴子)

藤田喜久、鎌倉史郎、日野智子共訳 『心臓ペーシングのABC 知っておきたい最新の知識』(多田恵一)

短評 村田幸生著 『スーパー名医が医療を壊す』(係)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.