1. TOP>
  2. No.4507(2010年9月11日発行)

バックナンバーNo.4507

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4507 2010年 9月 11日発行
毎週土曜日発行
B5判、約160頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

慢性光線皮膚炎の診断と治療(川原 繁)

「軟部腫瘍の画像診断」 悪性軟部腫瘍(長田周治)

プラタナス

優秀な若者を探す(齋藤康)

ニュース

多剤耐性菌の届出対象拡大へ─院内感染、日本初の耐性菌検出で医療界揺れる

速報!中医協 初・再診料、入院基本料など優先的に議論で合意

給付の重点化や被保険者の拡大で賛否両論(介護保険部会)

18歳未満の心臓は18歳未満に優先提供(厚科審臓器移植委員会)

国立大交付金など増額─文科・経産省医療関係予算

ビジョン策定へ「医療改革委員会」設置を─「ランセット」編集長がメッセージ

健診38.3%、保健指導7.8%にとどまる─20年度特定健診・保健指導実施状況

追跡 目指したのは“希望”─ACT-Kの取り組みから

NEWSダイジェスト 厚労省、労災防止の徹底で緊急要請

NEWSダイジェスト 自殺・うつ病での社会的損失は2.7兆円

NEWSダイジェスト 消費税で特例措置創設を─日医が税制要望

NEWSダイジェスト 認知症患者の入院医療巡り議論開始

NEWSダイジェスト オンライン請求で診療報酬支払いの短縮を

NEWSダイジェスト ホメオパシーで助産師会が実態調査

NEWSダイジェスト 診療所での診療関連死「地域医師会が事故調を」

NEWSダイジェスト 福祉医療機構利率改定(9月9日)

海外の話題 NDM-1産生耐性菌の拡大を報告─「医療ツーリズム」に警告も(LANCET Infectious Diseases)

海外の話題 薬剤耐性菌への対策呼びかけ─NDM-1産生耐性菌の報告を受け(WHO)

NEWS資料 多剤耐性アシネトバクター・バウマニ等に関する院内感染対策の徹底について(9月6日 厚生労働省医政局指導課)

今週のキーワード 「薬剤耐性菌のサーベイランス」

時論

医療現場の混乱を危惧する ─学会発刊の消化性潰瘍診療ガイドラインを巡って(荒川哲男)

血行動態の変化に伴う自律神経刺激がむずむず脚症候群の異常知覚の一因になるのではないか ─皮膚科医による仮説(杉田泰之)

お茶の水だより

メディアが医療荒廃に加担する危険性

蒔本 恭氏 (長崎県医師会長)

学術・論文

マイコプラズマ肺炎の特徴と話題(宮下修行)

新生児ミルク誘発性好酸球性腸炎(高増哲也)

尿路感染症・性感染症の診断と抗微生物薬使用の基本(山岸由佳)

学術・連載

プライマリケア医応援プログラム:「Common Problemへの総合診療的アプローチ」 肩こり(大西展樹)

「適正使用のための薬剤情報」 血中除去半減期の長いARBイルベサルタン(安藤 仁)

「今日から役立つ臨床疫学」 アルブミン製剤の適正使用を喚起した論文からメタアナリシスを学ぶ(小出大介)

一週一話

閉塞性肥大型心筋症への最近の治療方針と経皮的中隔心筋焼灼術(高山守正)

質疑応答

腎不全の水分制限・透析患者の脳梗塞(今井圓裕)

腹水濾過濃縮再静注法の適応・留意点(松崎圭祐)

破傷風トキソイドとグロブリンの使い分け(前田重信)

星状神経節ブロック後の咽後間隙血腫(奥田泰久)

白内障術後の長期間抗菌薬点眼の理由(小早川信一郎)

腎嚢胞の鑑別診断・治療・癌化率(後閑武彦)

血清生化学検査項目にHCO3-がない理由(森 建文)

アセトアルデヒドと食道癌の発癌リスク(横山 顕)

家族が精査を拒否する高齢患者への対応(竹中郁夫)

打上げ花火の由来(係)

国民医療費の定義と内訳(係)

胴上げの意味・風習(係)

地蔵のよだれかけの理由(係)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.