1. TOP>
  2. No.4311(2006年12月9日発行)

バックナンバーNo.4311

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4311 2006年 12月 9日発行
毎週土曜日発行
B5判、約134頁
定価713円(本体660円+税)


グラフ

「水疱症」 水疱症(3)(堀口裕治)

加算平均心電図の臨床的有用性(笠巻祐二)

プラタナス

医療の質とアカウンタビリティ(秋山昌範)

ニュース

産科の無過失補償制度で脳性麻痺に3000万円程度補償へ─出産育児一時金を3万円上げ、300億円確保

中医協が7対1看護のあり方で検討開始─日医、緊急是正を求める

日医が緊急レセプト調査結果を中医協に報告─マイナス改定以上の悪化を指摘

18年改定で2%の減収─日病協が診療報酬改定影響度調査

7月改定の影響は収入約13%減(療養病床協会が調査結果発表)

7対1看護の病棟単位に反対を表明─日看協が会見

丹羽、武見両氏が後期高齢者医療制度の診療報酬のあり方で見通し

「妊娠、出産、育児で離職しない体制を」唐澤日医会長が女性医師の労働環境で考え

地域・診療科別の医師需給調査を検討─武見厚労副大臣が明らかに(中部医連総会)

新健康フロンティア戦略の期間は来年からの10年間に

レセ処理参加は2割目前─4月からオンライン請求も

追跡 救急蘇生法─乱立から統一への動き

医学ニュース 健診・保健指導に地域医師会の対応要請(全国糖尿病対策推進会議)

医学ニュース 自殺総合対策で内閣府が検討会を設置─検討結果は来年6月の大綱に反映へ

医学ニュース 在宅医療の定着をテーマに辻事務次官が講演(在宅医療推進フォーラム)

医学ニュース 在宅療養支援診療所─前医療課補佐の佐原氏が課題を指摘「在宅に特化した診療所は伸びていく」

平成18年秋の叙勲に輝く人々(2)

新薬情報 新薬情報

短信 19年度予算のターゲットは雇用保険と生活保護

短信 がん対策意見交換会が初会合

訃音 佐藤英一氏(神戸大名誉教授・内科学専攻)

短信 自民医療委員会が制度改革の課題で検討開始

短信 第4回国民医療推進協議会総会が開催

訃音 飯塚理八氏(慶大名誉教授・産婦人科学)

今週のキーワード 「入院基本料の7:1看護」

時論

主要国の医師管理機構と医師会(3) ドイツの現状 ─免許制度と懲戒制度(畔柳達雄)

お茶の水だより

医療制度改革と「医療崩壊」

佐藤 敬氏 (弘前大学医学部長)

学術・論文

周期性嘔吐症─片頭痛関連疾患として(児玉浩子)

基礎医学から 食品と発がん物質(福島昭治)

研究報告 わが国におけるギョウ虫症対策の歴史的展望(影井 昇)

学術・連載

「Axis認定産業医-実践編」 過重労働(1)(大野明彦)

「冷や汗ファイル」 薬剤溶出性ステント留置後、抗血小板薬の中止が契機となりステント内血栓症を発症した症例(木島幹博)

一週一話

少年野球選手に対するメディカルチェック(後藤英之)

質疑応答

非びらん性胃食道逆流症の診断と治療(木下芳一)

降圧利尿薬服薬後の水分管理(桑島 巌)

高齢者の安静時不明発熱(田中正敏)

PEGに伴う不良肉芽の対処法(岡田晋吾)

更年期障害の治療と効果(太田博明)

フィナステリド投与時に必要な検査(坪井良治)

MRIのリスク事例と安全対策(熊谷孝三)

経口生ポリオワクチンと薬剤の併用禁忌(清水博之)

医療機関で使えるPHS(係)

院外処方と院内処方の併用(竹中郁夫)

エッセイ

私と日独血管外科学会 ─第四回学会を終えて ─(岡田昌義)

新訳(今井こま子)

甘樫丘に登れば(2) 古代史と万葉集とわが師と(多賀谷讓)

BOOK REVIEW

高野加寿恵監 『最新内分泌検査マニュアル・第2版』(名和田新)

冨田和巳著 『小児心療内科読本 ─わたしの考える現代の子ども』(星野仁彦)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.