1. TOP>
  2. No.4349(2007年9月1日発行)

バックナンバーNo.4349

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4349 2007年 9月 1日発行
毎週土曜日発行
B5判、約134頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

経鼻内視鏡の実際(松橋信行)

肺サルコイドーシスの画像診断(高橋雅士)

プラタナス

外科医のスキルと新医師臨床研修制度(佐藤孝道)

ニュース

日医・生命倫理懇談会が終末期医療ガイドラインを中間答申

来年度予算概算要求─医療の確保を最優先課題に位置づけ

安倍改造内閣─新厚労相に舛添要一氏

厚労事務次官に江利川 毅氏(厚労省幹部人事)

DPC病院、19年度準備病院合わせ45万床に

民間医師の給与5万円余の増(19年民間給与実態調査)

特定健診の単価にバラツキ─厚労省が調査結果を報告

健保連が健診単価を5250円と提案

集合契約の請求は5日が締切─支払基金が準備状況を報告

追跡 急増する病院倒産─18年改定後に何が起きているか

日本疲労学会が慢性疲労症候群の診断基準を改定

国際医療センターを糖尿病の中核機関に(生活習慣病対策推進検討会)

日本医師会に「がん対策推進委員会」が新設

厚労省「がん検診受診率50%へロードマップ示す」

代理母ボランティアに40人応募─日本学術会議が根津氏らから意見聴取

厚労省人事異動(審議官、部長、課長など)

短信 「高度急性期」と「一般急性期」に再編検討

訃音 佐々木武史氏(滋賀医大名誉教授・保健管理学)

短信 政管健保の肩代わりに健保連が「断固反対」

短信 地域一般病棟など要望へ─四病協

NEWS資料 終末期医療に関するガイドライン中間答申(日本医師会第X次生命倫理懇談会)

今週のキーワード 「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」

時論

療養病床削減に関する提案 ─良質な医療を存続するために(中島正暢)

看護師資格の早急な改善を(中西忠行)

お茶の水だより

改造内閣の屋台骨担う舛添厚労相

古川俊治氏 (自由民主党・参議院議員)

学術・論文

日常診療におけるHIV感染症の鑑別法(渡辺珠代)

小児慢性疲労症候群の病態と治療(沖 潤一)

基礎医学から 海藻・昆布と生物活性物質(高橋延昭)

学術・連載

「知っておきたい頻用薬の上手な使い方」 利胆薬(福田邦明)

「家庭血圧管理術」 “血圧不安症”という新しい問題(桑島 巌)

海外情報セレクト 骨腫瘍摘出後の遊離腓骨移植による再建(羽鳥正仁)

海外情報セレクト 閉経後の骨粗鬆症の治療としてのゾレドロネートの年1回投与(岡 寛)

「こどものこころの症状に気づいたら」 拒食症・その他の食行動異常(清水 誠)

一週一話

蚊刺過敏症(岩月啓氏)

質疑応答

心筋梗塞の初発症状・糖尿病との関連(保野慎治)

糖尿病合併高血圧のコントロールと薬剤選択(今井 潤)

大腸憩室症の遺伝的背景(本田浩仁)

緊急時日赤異型適合血の安全性(稲葉頌一)

足・爪白癬と畳・床の清掃(足立 真)

免疫能・疲労の検査(梶本修身)

サーファーズイアーとは(樫尾明憲)

妄想症の発症頻度と治療法・予後(高橋俊彦)

沖縄県の大学特別制度(係)

エッセイ

胃潰瘍患者としての寺田寅彦 ─吐血患者の心理(高橋正雄)

第124回ドイツ外科学会の現状と将来への動き(岡田昌義)

BOOK REVIEW

肥塚直美編 『New専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ2 内分泌疾患』(高野加寿恵)

幕内雅敏監、杉原健一、高山忠利、高井計弘編 『実写とイラストで学ぶ外科手術手技図譜』(河野信博)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.