1. TOP>
  2. No.4611(2012年9月8日発行)

バックナンバーNo.4611

4611cover.jpg

週刊日本医事新報
No.4611 2012年 9月 8日発行
毎週土曜日発行
B5判、約118頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

「PET/CTによる悪性腫瘍の画像診断」 PET/CTによる悪性腫瘍の画像診断(3) 肺癌のPET/CT画像(細木拓野)

プラタナス

災害医療ACT研究所(森野一真)

ニュース

Headline Headline-保健師など被災地の人材確保を要望 被災者健康支援協議会/医行為分類案と教育内容案が提示 看護業務検討WG/受療者と医療者で「医療価値の見える化」目指す 受保連が発足/石井みどり参院議員「超党派で健保法改正を」 指導監査改善シンポ/「社保・厚年病院、総合医養成の場に」 尾身RFO理事長/重点枠で認知症施策推進5か年計画 厚労省予算概算要求

看護業務検討WG 医行為分類案と教育内容案、関係団体から意見募集へ

「受保連」発足 「医療資源の有効活用」と「財源確保」目指し継続的に活動

プライマリ・ケア連合学会 総合診療医「追い風」にシンポ、日医は国の動きを強く牽制

連載「総合医」の時代は来るか <連載 「総合医」の時代は来るか> (1)動き始めた主導権争い

医政局長に元医療課長の原徳壽氏-厚労省幹部人事

NEWSダイジェスト News Digest-早期診断の医療機関500カ所-認知症5か年計画/「医療基本法」制定目指し長妻元厚労相らが勉強会/医師法20条で解釈通知-国会での指摘受け/新たな出生前診断の安易な実施は慎むべき-日産婦/特区問題への対応で日医がプロジェクト設置/一般用医薬品で死亡、5年間に24例/静岡がんセンター「よろず相談」に朝日がん大賞

感染症発生動向調査 感染症発生動向調査 2012年第33週(8月13~19日)

INFORMATION information

OPINION

在宅医療は一般診療所が中心となるべき(田中善紹)

深層を読む・真相を解く 深層を読む・真相を解く(16) 私はなぜ「医療は永遠の安定成長産業」と考えているのか?(二木 立)

お茶の水だより

「医と倫理」患者の福祉支える視点で議論を

笹子三津留さん(第50回日本癌治療学会会長)「手術を続け、一流の外科医を1人でも多く育てたい」

学術・論文

甲状腺癌の特徴と治療(戸田和寿)

アスピリン喘息(NSAIDs過敏喘息)-プライマリケアでの診断・初期対応(谷口正実)

学術・連載

プライマリケア・マスターコース-日常診療ケーススタディ:「子どもを診る12の方法」 プライマリケア・マスターコース-日常診療ケーススタディ:子どもを診る12の方法:(case6) 耳も鼻も覗いてみよう(横井茂夫)

プライマリケア・マスターコース-症状別診療ガイド:「どう診る?そのめまい・ふらつき」 プライマリケア・マスターコース-症状別診療ガイド:どう診る? そのめまい・ふらつき:(6) 帰してはいけないめまい・ふらつき(小曽根早知子)

プライマリケア・マスターコース-マンスリーレクチャー:「在宅医療 はじめの一歩」 プライマリケア・マスターコース-マンスリーレクチャー:在宅医療 はじめの一歩:(18) 認知症患者のBPSD(苛原 実)

「J-CLEAR通信」 J-CLEAR通信(24) アスピリンとがん予防(上村直実)

一週一話

アトピー性皮膚炎の新しい治療薬への期待(増岡美穂)

質疑応答

腎臓石灰化・尿路結石既往例の骨粗鬆症治療薬の使い方(稲葉雅章)

高齢高血圧患者のBNP値の変動(原田和昌)

腰部脊柱管狭窄症と自動車の運転(高橋和久)

若年性特発性関節炎(JIA)の診断(横田俊平)

不安障害・人格障害などを鑑別する問診票(水谷 薫)

胸部X線上の心膜脂肪と異常影の鑑別(篠崎健史)

透析の立ち会い(竹中郁夫)

連載小説

群星光芒 連載小説「群星光芒」(50) 前野良沢(12)(篠田達明)

エッセイ

映画『インサイダー』のワイガンド博士の来日講演(薗  潤)

第129回ドイツ外科学会に出席して(岡田昌義)

BOOK REVIEW

高橋信一編『消化器治療薬の選び方・使い方 症例でわかる薬物療法のポイントと症状別処方のコツ』(浅香正博)

山本哲也・三村 治編『目で診る 緑内障・視神経疾患80』(澤口昭一)

長嶺敬彦著『抗精神病薬をシンプルに使いこなすためのEXERCISE』(篠崎和弘)

博田節夫編『DVD版 関節神経学的治療法(ANT)』(岡崎達司)

漫画「がんばれ!猫山先生」

漫画「がんばれ!猫山先生」第337回(茨木 保)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.