1. TOP>
  2. No.4363(2007年12月8日発行)

バックナンバーNo.4363

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4363 2007年 12月 8日発行
毎週土曜日発行
B5判、約134頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

家族性高コレステロール血症の診断と治療(馬渕 宏)

「腎臓病と心電図」 AV block症例(小藤田篤)

プラタナス

医療経営人材育成について(尾形裕也)

ニュース

中医協が診療報酬本体マイナス改定の回避求める意見書

夜間開業評価は初・再診料と分離─社保審医療部会が診療報酬改定基本方針案を了承

自民党医療委員会、診療報酬「プラス改定が必要」─議員連盟を結成し「緊急提言」を発表

中医協集中審議─診療所の初・再診料引下げ保留に(時間外加算見直し「新加算」設定へ)

混合診療問題の議論は平行線(規制改革会議)

「責任追及が目的ではない」─死因究明制度で自民党が考え

諮問会議が来年度の予算基本方針案了承

医師会の組織力強化巡り協議(勤務医担当理事連絡協議会)

集団的個別指導に不満続出(関東甲信越医連・医療保険部会)

追跡 高齢者医療費の動向を探る─本当の伸び率はどれくらいか

「診療報酬による誘導が医療を破壊する」―金子 勝氏が警鐘(医療の質・安全学会)

新薬情報 新薬情報

薬価収載情報 薬価収載情報

短信 WHO国際シンポで「『人』中心の医療」宣言

短信 社会保障カードには十分な周知期間が必要

平成19年秋の叙勲に輝く人々(3)

短信 予防接種週間を来年3月に実施(日医)

今週のキーワード 「集団的個別指導」

時論

今後の医師集団の人口動態の変化 ─高齢化と女性医師の増加が変化の主体(金村政輝)

お茶の水だより

混合診療解禁論は共感を呼ぶか

菊地次郎氏 (トライアスリート・内科研修医)

学術・論文

家族性高コレステロール血症の診断と治療(馬渕 宏)

泌尿器科領域におけるSTDの現状と対策(田中一志)

研究報告 大きな疾病負荷をもたらす感染症対策の地球規模での現状と日本への期待─国際保健の構造変化を踏まえて(江浪武志)

学術・連載

「知っておきたい頻用薬の上手な使い方」 抗真菌薬(皮膚)(比留間政太郎)

「こどものこころの症状に気づいたら」 転換性障害(井上登生)

一週一話

肥満の有無と循環器病リスク(上島弘嗣)

質疑応答

腎動脈狭窄症の臨床像と診断(横井良明)

内視鏡におけるNBIシステムの概要(豊田昌徳)

急性肺塞栓症へのワルファリン投与期間と終了の根拠(石川理惠)

低血糖時の処置をすべき血糖値の基準(富岡節子)

「犬吠様咳嗽」の読み方(江口博之)

伝染性軟属腫の治療法(吉田正己)

シロドシンの副作用と対処法(吉田正貴)

アメーバ赤痢の発生動向と感染原因(鈴木智之)

価格不明示販売法の可否(小口克巳)

エッセイ

海外旅行心得10カ条(中本安)

BOOK REVIEW

富野康日己編 『基本治療薬115 使い方と禁忌』(島本和明)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.