1. TOP>
  2. No.4364(2007年12月15日発行)

バックナンバーNo.4364

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4364 2007年 12月 15日発行
毎週土曜日発行
B5判、約134頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

腹壁・陰部の再建(光嶋 勲)

骨壊死関連疾患のMRI(山口哲治)

プラタナス

地域医療連携の一粒の種になるべく(白髭豊)

ニュース

国民医療を守る決起大会─診療報酬プラス改定の実現に向けて決意

自民医療委・厚労部会合同会議が「プラス改定」など5項目を決議

20年度予算編成基本方針が決定─診療報酬は「メリハリの効いた見直し」に

日医、診療所の夜間開業改めて反対表明

中医協集中審議・後発品の「銘柄変更」も診療側了承

19年度準備病院は21年度から対象に(中医協がDPCで合意)

日薬連など市場拡大再算定拡大に反対(中医協薬価専門部会)

薬効群別の乖離率最大は10.9%─薬価調査速報値内訳

233件の技術を評価候補として報告(中医協・医療技術評価分科会)

後期高齢者の食事療養負担額が告示

中医協公益委員に立教大の庄司氏

有床診療所の1施設当たり医療費伸びる

規制改革会議に国会から批判、「混合診療の議論やめさせるべき」

舛添厚労相が原告団に謝罪─薬害C型肝炎訴訟

健保連がレセプト様式の見直しを提案(レセプト情報活用検討会)

日医・生涯教育制度の申告率は0.4ポイント減の73.8%

各界の著名人18人を「健康大使」に任命(舛添厚労相)

登録医制度への不安感が浮き彫り─健保連が国民意識調査の結果を発表

追跡 波紋を呼ぶ死因究明制度─どのような仕組みが想定されているのか

厚科審感染症分科会が新たな新型インフルエンザ対策をまとめる

フィブリノゲン投与患者の受診機関に調査─厚労省検討会が初会合

医薬品・医療機器等安全性情報 医薬品・医療機器等安全性情報 No.241

平成19年秋の叙勲に輝く人々(4)

医療機器情報 医療機器情報

先進医療 先進医療

代理懐胎の是非について議論開始(生殖補助医療在り方検討会)

短信 インフルエンザが流行シーズン入り

短信 医療計画で日医が通知

短信 独自の介護報酬基準の市町村公表

短信 日本医学教育学会が緊急要望

短信 不正のコンタクトレンズ診療所を一斉に指導、監査

今週のキーワード 「418例の肝炎等発症患者調査」

時論

地域医療確保のための六つの発想転換 ─岐阜大「地域医療医学センター」の設立(近藤直実)

お茶の水だより

代理懐胎を巡る合意形成に向けて

大木隆生氏 (慈恵医科大学外科学講座統括責任者・血管外科教授)

学術・論文

小児短腸症候群の病態と栄養管理(和佐勝史)

研究報告 呼吸性洞性不整脈とは何か(安間文彦)

研究報告 抗がん剤とG-CSF製剤の同時投与についての検討(及川美雅)

基礎医学から リン代謝とその異常(宮本賢一)

学術・連載

「Axis認定産業医-実践編」 産業医学における疫学の実践(4) 疫学研究のためのチェックシート(須賀万智)

「冷や汗ファイル」 急激に症状が増悪したパーキンソン病の79歳男性例(鶴田和仁)

「ワクチンの最新事情と渡航者の接種」 ジフテリアおよび破傷風ワクチン(薗部友良)

一週一話

顆粒球吸着除去療法の有効性(鈴木康夫)

質疑応答

高脂血症治療薬の投与継続期間(石橋敏幸)

メトロニダゾールによるHp除菌(菅野 朝)

甲状腺治療の是非の判断(赤水尚史)

難治性喘息の末梢血好酸球著増(猪熊茂子)

鉄代謝ホルモンヘプシジンの概要(大竹孝明)

モルヒネに誘発されるせん妄対策(安達 勇)

クエン酸シルデナフィル処方時に必要な検査(永尾光一)

外来で使用する手洗い消毒液(白石 正)

戦前の精神病者収容施設(岡田靖雄)

野口英世のアフリカでの業績(高添一郎)

エッセイ

マイアミ大医学生とHib髄膜炎(南武嗣)

村医者(寺井晉)

小児科の季節(秋谷進)

BOOK REVIEW

藤田次郎、喜舎場朝和編 『感染症診療 ゴールデンハンドブック』(谷本普一)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.