1. TOP>
  2. No.4370(2008年1月26日発行)

バックナンバーNo.4370

週刊日本医事新報

週刊日本医事新報
No.4370 2008年 1月 26日発行
毎週土曜日発行
B5判、約134頁
定価799円(本体740円+税)


グラフ

「小児外科領域の最近の話題」 陰茎の異常(2) 尿道下裂(下高原昭廣)

プラタナス

忘れられた心臓移植(川島康生)

ニュース

平成20年度診療報酬改定─中医協が「現時点の骨子」を取りまとめ

42件の新規技術導入を了承(中医協)

【解説】再診料の議論、ギリギリまで続く見通し

社会保障カード在り方検討会が基本構想を取りまとめ

第169国会が開幕、医療安全調査委設置法案を提出へ

民主党、介護賃金引上げ特措法を提出

療養病床の再編で懸念の声が続出(自民・介護委員会)

医療機関の転換意向は療養病床数に加味しないよう要請(厚生労働部局長会議)

18年度市町村国保は3236億円の赤字

看護基礎教育懇談会が看護職のあり方を検討

5医師会で看護師復職プロジェクト実施へ(日医委員会が報告書)

がん緩和ケア推進へ日医が医師意識調査

日医・内田常任理事「特定健診・保健指導で厚労省に検討会を」

産科医不足で追加施策を検討─舛添厚労相が表明

大阪府医会長選で酒井氏が選対開き

追跡 患者の「暴言・暴力」を防ぐために─診療所での対応を考える

がん診療連携拠点病院で新たに70病院の指定を承認(厚労省検討会)

代理懐胎は法律で禁止─学術会議素案に異論も

妊産婦死亡は血栓塞栓が多い傾向(日産婦医会)

原爆症認定で厚労省、原因確率の考え方から転換

日本国際賞に米国のマキューズィック氏

平成19年度上原賞は門脇、坂口両氏に

訃音 岡田善雄氏(阪大名誉教授・細胞生物学)

短信 血液製剤納入先を新聞折り込みで再公表

短信 厚労省人事異動

短信 市町村の未収金回収、わずか33万円

短信 日医と全国医師連盟とは「敵対関係ではない」

平成19年秋の叙勲に輝く人々(6)

訃音 諫山義正氏(神戸大名誉教授・神経眼科)

今週のキーワード 「デジタル映像化処理加算」

時論

グループホームとターミナルケア(藤原壽則)

分娩を取り扱う病院の減少 ─都道府県ごとの解析(江原朗)

特定健診と心電図検査について(前納宏章)

お茶の水だより

「骨子」から窺える厚労省の意図

神津 仁氏 (全国在宅医療推進協会理事長・神津内科クリニック院長)

特集 1

東京大学医学部創立150周年記念アルバム「医学生とその時代」より(永井良三)

<座談会>「歴史から何を学ぶか」(矢崎義雄/金澤一郎/永井良三/亀田治男)

学術・論文

基礎医学から シックハウス症候群の疫学─最近の知見(岸 玲子)

学術・連載

「知っておきたい頻用薬の上手な使い方」 テトラサイクリン系抗菌薬(藤村 茂)

「こどものこころの症状に気づいたら」 夜尿症(帆足英一)

海外情報セレクト 2型糖尿病患者の経口薬治療に追加するインスリン製剤は2相性、超速効型、それとも持効型インスリン?(4-T研究)(浜口朋也)

海外情報セレクト 自家軟骨細胞移植後の軟骨再生におけるスポーツの重要性について─3年間フォローアップの前向き研究(羽鳥正仁)

「ワクチンの最新事情と渡航者の接種」 インフルエンザ菌b型ワクチン(加藤達夫)

一週一話

高齢者の適正体重とは(齋藤 康)

質疑応答

Natural orifice translumenal endoscopic surgeryとは(田中淳一)

患者死亡時のペースメーカー除去の是非(中沢 潔)

前潜在性鉄欠乏性貧血(小船雅義)

骨島の臨床的意義と骨腫との異同(井樋栄二)

小児期の片側腎摘出術の長期予後(服部元史)

四肢リンパ管の超音波画像描出の可否(小川佳宏)

パーソナリティ障害の症状(林 直樹)

Toll-like receptorの概要と臨床応用(齊藤達哉)

一般職員の内視鏡検査介助の可否(竹中郁夫)

親子で医院経営時の所得の帰属(益子良一)

隣家を見下ろす窓の扱い(小口克巳)

BOOK REVIEW

遠藤直人編 『骨粗鬆症のすべて』(乗松尋道)

短評 多田富雄著 『わたしのリハビリ闘争 最弱者の生存権は守られたか』(係)

記事詳細検索
 
bookendマニュアル  
Copyright 2011 Japan Medical Journal Right Reserved.